‘太陽光発電メーカーの特長’

シャープの太陽光発電システムの特長

2011-08-19

屋根に合わせて効率良く太陽光電池を載せられる太陽光発電システム「SUNVISTA(サンビスタ)」

シャープの太陽光発電システムの名称はSUNVISTA(サンビスタ)です。
多結晶型シリコンを採用するシャープは切妻・陸屋根対応、寄棟屋根対応、平板瓦一体型とさまざまな屋根に対応する製品ラインナップを取り揃えております。
中でも寄棟屋根対応のモジュールは屋根にぴったりとマッチするルーフィット設計となっており、サイズの異なるモジュールを組み合わせることで、屋根に載せられパネル面積を増やし、より多くの発電ができるようになっています。
業界初のWebモニタリングサービスは、太陽光発電システムの状況をインターネットに介して専用のWebサイトに送信することで、発電診断レポートや省エネナビなどの各種情報をパソコンやインターネット機能付きTV・携帯電話なので確認できる便利なものです

ソーラーフロンティアの太陽光発電システムの特長

2011-08-18

実発電量で差をつける薄膜系CIS太陽電池を採用

ソーラーフロンティアの太陽電池モジュールはシリコンを使わないCIS太陽電池。
CIS太陽電池の特長は従来のシリコン系太陽電池と比べて、発電の変換効率が高い点です。
年間のトータルで調査した場合、シリコン系太陽電池と比べCIS太陽電池は約8%高く発電したということが実証されています。
モジュールの色も黒を基調としているため、落ち着いた外観を保つことができ、マイホームのデザインを損ねません。
カラー表示ユニットで発電量、売電量、使用電力量も一目でわかるため、日々の節電意識が高まります。

サンテックパワーの太陽光発電システムの特長

2011-08-18

モジュール出力保証期間を25年の長期に

サンテックパワーは、太陽電池生産量では世界トップレベルの中国のメーカーです、
性能と品質で優れている単結晶セルを採用。

国内では太陽電池モジュールの保証は10年保証が多いところ、日本で初の25年出力保証を提供。モジュール自体の原因でメーカー既定値に発電量が満たない場合はモジュールの追加や交換などによって不足分の電力を補填してくれます。
また、屋根の形状に合わせ、簡単に設置できるようにスレート・板金金具、支持瓦、支持金具の3種類の取付構造から選択できます。材質もアルミのため屋根にかかる荷重も軽減できます。
モニターはカラーとモノクロの二種類で、発電量やCO2削減量が一目でわかります。国内メーカーに比べるとシンプルですが、通常使うには十分な機能は備えています。

京セラの太陽光発電システムの特長

2011-08-18

ステップスタイルでどんな屋根にもなじむ

日本で最初に住宅用太陽光発電システムを発売した京セラの太陽光電池モジュールは、屋根材と自然に調和するよう、様々な工夫が盛り込まれています。
「SUMARAI」では、軽量薄型化を図るとともに、ステップバーで太陽電池を支える「Step Style」(ステップスタイル)という屋根に馴染む技術を使い、屋根との一体感を生み出しています。
また、組み合わせが自由にできる長いタイプと短いタイプの二種類のモジュールが用意されたことで、屋根の形状にあったレイアウトと、搭載容量の向上を実現できます。
モニターは発電量表示のほか、二酸化炭素削減量を森林面積や石油消費量に換算して表示してくれます。パソコンと接続し、データ管理も可能になっています。

パナソニック電工の太陽光発電システムの特長

2011-08-18

パナソニック独自のハイブリッド太陽電池モジュール

パナソニック電工の太陽電池モジュールは単結晶シリコンとパナソニック電工独自の「アモルファスシリコン」を採用したハイブリッド構造である「HITシリーズ」で国内トップを目指しています。新製品の「HIT230」は世界最高水準の交換効率17.9%を実現。交換効率の高さは真夏の高温時でも維持できる性能も含まれています。

発電量は専用モニターで確認でき、ワイヤレスタイプと壁埋め込みタイプの二種類から選べます。

FXを手数料で比較 FX@外為比較
Copyright(c) 2010 株式会社ヤマノ All Rights Reserved.