太陽光発電のメリット

2011-05-26

太陽光発電の導入のメリットについて

  • 電気代を節約できる

太陽の出ている日中は太陽光発電システムから供給された
電気を利用するため、電力会社からの電気を使用する量が減ります。

そのため電気代が安くなります。

もし、太陽光発電とオール電化にされた場合、電気料金の契約を電化上手などの
オール電化用契約に変更することで、さらなる電気料金の削減が実現可能です。

  • 余った電気を電力会社に売ることができる

太陽光発電による売電制度(余剰電力の買取の仕組み)

太陽光発電の大きなメリットのひとつは、余った電気を電力会社に
買い取ってもらえる制度があることです。

この制度は発電した電力のうち、ご家庭で使わずに余った電力を普段、
電力会社に支払っている電気料金よりも高い単価で買い取ってもらえる
というものです。

日光のない朝晩は発電できないため、電力を買うことになるのですが、
昼間はたくさん発電した分、余った電気として販売することが可能です。

平均的に、太陽光発電で発電する昼間の電力は、およそ40~50%が
御自宅での消費にあたり、およそ50~60%が余剰電力になるそうです。

売電量を増やすのであれば、昼間の電力の使い方を少し見直されるのもひとつの手では
ないでしょうか?

気になる買取価格ですが、10kw以下の太陽光発電システムを設置した住宅の場合、
平成23年度は42円/kwhとなっています。なお、この価格は全国一律です。

ちなみに買取は導入後、10年間で、最初の価格がずっと引き継がれます。
買取価格については平成23年度現在の方針では買取単価は年度ごとに
低減される方向で見直される予定です。

電力供給が逼迫している現状ですので、低減される方向は変更されるかもしれません。

詳しくは電力会社及び経済産業省にてご確認下さい。

【エコキュート・IH・太陽光発電のリフォーム】さいたま市・大宮・浦和・川口・鳩ヶ谷のリフォームは株式会社ヤマノTOPへ戻る
FXを手数料で比較 FX@外為比較
Copyright(c) 2010 株式会社ヤマノ All Rights Reserved.